メインイメージ画像

デリヘル嬢との撮影は大丈夫?

「コンパニオンの仕事ってお金次第でエッチもするの?」「まあ、その辺はプライベートなことなんで。適当に書けばいいんじゃないですか。どれくらいで撮影終わります?」ホテルに入ると突如、ごう慢な態度になるあゆみ。こちらが質問してもうわの空で、ケータイでひらすらメールを打っている。どうやら出会い系サイトでも援助してくれる人を探しているようだった。本性は筋金入りのデリヘル嬢か。

「イヤだったら別に帰つてもらっていいんだけど」メールばかりしているナメきった彼女に、僕はキレ気味にそう言つたが、3万円というお金が惜しいのか、頑なに帰ろうとしない。困った僕は、ケータイでAさんを呼び、撮影を交代してもらえないかと頼む。Aさんはニつ返事で飛んできてくれた。「お嬢さん、ハレンチな格好だね」肉に飢えたハイエナのようにAさんはぶっちょう面の女を抑し倒し、したたかに生殖行為に及ぶ。……さすがA先輩!勉強になります!

生殖行為に励むAさんをホテルに残し、僕は再び『M』へ戻る。気さくな奴にさりげなく内情を訊いてみた。「ウチの店は女のコのプロフィールとか書いてないんですよ。京都ではプロフィール出しちゃうと、売春の斡旋とみられる可能性があって、目をつけられちゃうんですよね。このビルの3階にも出会い喫茶があったんですけどそこは全国初逮捕者が出た店なんですよ」2000年13歳の女子高生を働かせていたとして摘発された出会い喫茶『○○カフェ』のことである。18歳未満の女のコを扱って、制服でデリヘルに出してましたから。

更新情報